宝当神社を何かの聖地と勘違い

なあ、宝当神社はどーだろ?「ん?」今、行く準備、色々してっけどさぁ。不安!「何故?」当然、初の旅行だから!「うわ...貧乏」ちげー!絶対今、誤解した。

「何が?」一人でのっつー事だ!「ふむ、じゃ家族とは?」当然経験あり。「へえ、意外ね」てめぇ...絶対許さねぇ。

「大袈裟よ」ともかく!宝当神社へ二人で訪れようぜ!「私も?」当然!「嫌よ」何で?

「そりゃさ、旅行は好きよ?九州?北海道?大阪?大歓迎!日本全国食べ歩きツアーとか、そーゆー魅力ありゃ別さ。けど、宝当神社じゃあ...」お前、馬鹿にしたか今?

「さあ?とりあえず、あんたの聖地巡礼めぐりにゃ、付き合い切れんわ」ちょ、宝当神社は違う!畜生。協力があっても良いぜ?

「ダメね」あ?「他人を頼ってばかり。貴方、孤独が大好きな、ロンリーウルフと聞くけど」はぁ?んな事、口にした覚えが。「学園祭で言ったじゃん!」

役者としてじゃん、俺自身は別。「寂しがり?」そこまでじゃ。「素直に吐けばOK!」う...分った、事実さ。

ちょっとくだけたレベル

下品な人より上品な人の方がいい。そんなん当たり前の事だけど、札幌みたいな地方都市で暮らしていると、ほどほどの方が上手く生きていける。

今、私が一緒に働いている女性は良い。見るからに「いいとこの出」というヤツだ。身なり、人格、所作や言葉遣い。

どれを取っても、品があるとしか言いようがない。両親の事も、父や母と呼び友人は「お友達」と呼ぶ。素晴らしいね。ただひとつ、既婚者だったら・・・。今年で36歳の彼女。

どうやら完全フリー。余談だが太っている。札幌の企業と言えば、中小企業が大多数。大手があっても、支社というより営業所レベル。

この土地で、お高い女性を選ぶ男性が居るとは、到底思えない。きっと本人も、ある程度お金持ちでなければ選ばないだろうし、親を説得も出来ないであろう。

北海道は基本、田舎。ちょっとくだけたレベルで、ちょうどいい。この人が将来、結婚出来るか気になる。

リビーブに関し口をはさまず

結局、リビーブへ手を出した訳?「これも運命よ」まー、貴方の覚悟等、そんなものよ。「ぐぬぬ...反論出来ねぇ」ご主人は?「あ?」

二度とやらん!もしやれば、亭主と離婚って発言してた気が。「ありゃ言葉のあやで...」またも嘘?有言実行出来ぬ人さ。

「畜生。道理ではあるが、むむ...」まー、あまり出来ぬ事、口にすべきじゃ。「ちぃっ、分ったわ。今度からリビーブに関し、あまり口出さず、自重する」

何故...。「ともかく、愛用品はやめられん!」ねぇ、気持ちは理解出来っから。「リビーブ!絶対一度使えばハマって、中毒になるよ!」

またお勧め?懲りたわ。「豚に真珠、馬の耳に念仏っつー訳?」ちょ、別に聞く耳持たん訳じゃ。「むー」

はぁ、何度も言ったけど、私も愛用するお気に入りが。リビーブを卑下する理由は全然・・・。「本当?」勿論、妹の言う事を何故無下に?これでも、優しき姉のつもり。

「随分調子がいい事を、理解出来んわ」そう?「ま、姉貴が口八丁なのは、私も慣れっこよ」うわ...辛辣。